自由設計だからできる、お気に入りの家 YMC企画ハウス

注文住宅工法・施工方法

ホーム > 注文住宅

工法・施工方法

ここでは、住宅建築に用いられる主な工法をご説明いたします。

木造軸組工法・在来工法

木造軸組工法は、日本の古くから伝わる家づくりの工法で、別名”在来工法”と呼ばれています。タテ木として通し柱・管柱・束(つか)、ヨコ木として土台・大引き・棟木などを組み上げた工法で、柱や梁などの縦横の軸が上からの荷重を支え、斜めの軸が地震や風などの横からの力に抵抗する構造となっています。

タテ・ヨコ材で構造耐力が出来ているため「軸組」と言います。設計面では、構造的な制約が少なく、柱や梁の位置、長さなどが自由に設定しやすいことから、間取りやデザインの自由度が高いのが特徴です。また、木造軸組みの家は構造上、他の工法と比べ増改築がしやすいという大きな魅力があります。

  • 柱や梁の位置を任意に決めることが出来るので自由度は高い。
  • 敷地への対応力が高い。
  • 増改築の融通性が他の工法に比べ、高い。

2×4工法

北米から導入されたツーバイフォーは、木材の枠に合板を貼った木製パネルで箱を作るようにして建てる工法で、枠組壁工法とも呼ばれています。

枠材の断面サイズが2×4インチであることからその名が付きました。躯体と壁、床、天井が一体となって組み立てられた箱型構造であるため、横方向・縦方向に対して、建物にかかる力を6つの面全体でバランスよく吸収し、負担が一ヶ所に集中することがないことから耐震性に優れています。

  • 壁に耐力を持たせなければならない構造上、開口部の多い設計を望まない限り、問題は無い。
  • 柱や梁の出ないスッキリした空間づくりが出来る。
  • 敷地対応力は、極端な変形敷地でなければ建築可能。

鉄筋コンクリート(RC)工法

コンクリートは、強度や耐久性に優れているが、引っ張り強度については弱いという性質があります。コンクリートの弱点を補うために、引っ張り強度が強く、延性に富む鉄筋を組み合わせることで、より高い強度を生み出したのが鉄筋コンクリートです。

鉄筋コンクリート工法には、ラーメン構造と壁式構造の2種類の構造があります。

ラーメン構造は、柱と梁で構成され、大きな開口部がえられる工法です。
壁式構造は、壁式コンクリート構造や壁式プレキャスト鉄筋コンクリート構造のことで、耐久壁で主体構造が構成され、壁を垂直部材にできるため、柱のない構造工法です。

鉄筋を組み込んだコンクリートパネルを工場で作り上げ、それを現場に運び込み、クレーンを使って組み立てるプレキャスト鉄筋コンクリート構造もあり、主に階高制限がある、低層住宅の構造方式として普及しています。

コンクリート系の住宅の利点としては、耐久性、耐火性、断熱性、遮音性と基本性能に優れています。

  • 型枠の型次第でどんな設計・デザインもできる。
  • 変形敷地への対応力が高い。
  • 躯体が重いことから、地盤が軟弱な場合はかなりの補強を要する。

工事の流れ(在来工法)

 地鎮祭  地盤調査  基礎工事  上棟(躯体立上)  屋根・防水工事  外壁工事  内部設備工事1  内部造作工事  内装工事 10 内部設備工事2 11 外構工事 12 完成・お引渡し
PAGE
TOP