自由設計だからできる、お気に入りの家 YMC企画ハウス

注文住宅工事の流れ

ホーム > 注文住宅 > 工事の流れ

工事の流れ(在来工法)

地鎮祭

地鎮祭

「地鎮祭」は工事に先立ち、敷地を清める儀式です。工事中の安全、そして何よりも建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

地鎮祭

地盤調査

地盤調査

地盤調査は、その土地が建物を安全に支えることができるか、また、そのときにどの程度の沈下が予想されるのか、さらに土地が建物を支えられない場合に安全に支持できるようにするための方法を調べるものです。

調査の結果、軟弱地盤などの場合は地盤改良を行います。

地盤調査

基礎工事

基礎工事

住宅の土台となる、基礎を築く工事です。

(中央の写真)湿気対策で、ポリフィルムを敷き詰めます。

また、組み上げた配筋(右下の写真)は、住宅保証機構による検査を行っております。

基礎工事

上棟(躯体立上)

住宅の骨組みを築く工程です。

耐震構造を随所に取り入れています。ホールダウンや垂直部材の補強、水平部材の補強などは、特に念入りに施工します。

(下の写真)火打梁は水平部材の補強材です。ボルトでしっかりと固定されます。 上棟(躯体立上)

上棟(躯体立上)

構造計算により、引抜作用が大きく働く可能性がある個所に取り付けられ、柱が土台から引き抜かれることによる倒壊を防ぎます。

右側:
取り付け金物 木と木の接合部分は写真のような専用金物でしっかりと固定されます。

上棟(躯体立上)

屋根、防水工事

屋根、そして外壁の下地といった、住宅の外部となる部分をつくる工程です。

屋根にはルーフィング(右写真)、 バルコニーにはFRPといった防水措置をとります。

マイホーム点検・補修記録シート
マイホーム点検・補修記録シート

FRP防水は、ガラス繊維とポリエステル樹脂が一体となり、強力な防水幕を作ります。弾力性があるためにヒビ割れも起こりにくく、劣化に非常に強い素材です。

マイホーム点検・補修記録シート

外壁工事

マイホーム点検・補修記録シート マイホーム点検・補修記録シート マイホーム点検・補修記録シート

外壁は外観、耐水性、耐火性、遮音性、断熱性を必要とされる住宅の重要な部分です。

写真は構造合板の上に耐水防湿シートを貼り、更にサイディングを施すことで、万一の雨水侵入対策としたのち、石貼という外観の最終工程を行っているところです。


外壁断面

マイホーム点検・補修記録シート

内部設備工事1(配管、配線)

内部設備工事1

水道管や電気配線など、住宅の動脈となる部分を構築します。

床暖房や改正建築基準法に対応した全館全熱交換型24時間換気システム(下)など、グルニエを含む全ての居室にダクト配管し、家屋内部の湿度対策をも施します。

内部設備工事1

内部造作工事

内部造作工事

住宅の内部造作の細かなところに取り掛かります。押し入れやクローゼットの内部間仕切造作をはじめ、こだわりを活かしたマントルピースの製作など、ライフスタイルを左右する個所の構築となります。

内部造作工事

内装工事

内装工事

住まいの中で、実際に触れる「壁」となる部分を作ります。貼られたクロスにたわみが出ないように、パテで下地調整を施し、その後にクロス貼りの工程となります。

内装工事

内部設備工事2(機器類設置)

内部造作工事2

トイレ、ドレッサー、キッチンなど、住宅の設備を取り付ける作業です。デザイン・利便性・耐久性などを考慮して、最適なものをご提供します。

内部造作工事2

外構工事

外構工事

門や塀、カーポートなど、外構を仕上げる工程になります。完成した建物は地方公共機関の完了検査を受け、更にお客様の立会い検査が完了した後に、初めてお客様をお迎えすることになります。

外構工事

完成・お引渡し

完成・お引渡し

お客様に住宅を引き渡すことによって、工事は終了いたします。お住まいを建てた後も、万全のメンテナンス体制によって、お客様の暮らしをサポートさせていただきます。

完成・お引渡し
PAGE
TOP