自由設計だからできる、お気に入りの家 YMC企画ハウス

大切なお家を守るために(PDFファイル)
ホーム > リフォームガイド

外壁塗装を塗り替える理由

なぜ 塗り替えた方が良いか・・・

外部からの水の侵入を防いだり、お家の長寿命化を図るのが目的です。

常に雨風にさらされている外壁は、10年を超えると表面が劣化してしまいます。
塗膜、目地の劣化は、お家の傷みを早める原因となります。

例えば、家の構造材である柱や土台などの主要木材を腐らせる大きな原因が、
亀裂や隙間からの雨水の侵入と白蟻被害によるものです。

定期的な点検と適切な処置(補修や塗り替え)が必要です。
外壁や屋根だけでなく、雨樋・ベランダ・各接合部分・幕板・窓廻り・目地など細部も含めて
水の侵入経路を断つことがお家を長持ちさせるコツともいえます。

塗り替えた場合のメリット 

お家の保護

暴風雨・揺動・紫外線などなど、外の厳しい環境からわずか1mm程度の塗膜がお家を保護します。劣化の原因から大切なお家を守りましょう。放置すると、のちに高額な修繕費用がかかってしまうこともあります。

お家の防水

屋根・外壁・目地シーリングのヒビ割れを補修し、ふさいだ上から塗装します。ベランダには防水工事をすることで、雨水侵入を防ぎ、雨漏りや腐食を原因とするお家の老朽化を防ぎます。長期の雨漏りによって、天井裏や壁の内側などの普段目にできない場所の腐食が進み、お家の寿命が縮むばかりでなく、シロアリが住みついたり、カビの発生により人間のからだの健康を損なうなどの二次被害も心配です。

お家の劣化防止

鉄部はサビ、木部は腐食、コンクリート部の経年劣化によるヒビ等、材質によって耐用年数が違います。それぞれに合った塗料を使い、お家の長寿命化をはかります。

外観の美粧・イメージチェンジ

まず、長期的な維持管理に役立つだけでなく、見た目も新築時とは全く違うデザイン・印象にすることもできます。凸凹をつけたり、今までと同じ色でも光沢をつけるなども可能です。塗装をすることで、メンテナンス・コストの低減や、更に遮熱材料を使った場合には屋内の温度上昇を防ぎ、光熱費の軽減にもつながります。

塗料の種類は・・・

結露防止の透湿性・防かび・防藻・遮熱性・低汚染性・断熱性・遮音性・高耐久性など、
さまざまな機能を備えた優れた塗料が揃っています。
お客様のご希望に沿った提案をさせていただき、その機能をふんだんに生かします。

外壁塗装時期の目安

塗り替えの時期は・・・

ご自分でも簡単にチェックすることができます。塗り替えの目安は10年に1度ですが、部位によって傷み具合が異なり、この目安の期間が変わることもあります。よく晴れた日に各所を点検チェックしてみて下さい。

塗り替え時期の症状

屋根

  • 白っぽくなっている、またはコケなどが付着している
  • 屋根材に欠け、剥がれがある
  • 鉄部などにサビが出ている
塗り替え時期の症状 屋根 塗り替え時期の症状 屋根
塗り替え時期の症状 屋根 塗り替え時期の症状 屋根 塗り替え時期の症状 屋根

屋内

  • 天井、天袋等の雨漏り
塗り替え時期の症状 屋内

外壁

  • ヒビ割れがある
  • 壁が緑色になっている
  • 触ると手に粉がつく
  • カビのような黒ずみがある
  • 幕板と外壁の間に隙間がある
塗り替え時期の症状 外壁 塗り替え時期の症状 外壁
塗り替え時期の症状 外壁 塗り替え時期の症状 外壁 塗り替え時期の症状 外壁

サッシ・目地

  • サッシと外壁に隙間がある
  • 窓廻り目地がヒビ割れている
塗り替え時期の症状 サッシ・目地
塗り替え時期の症状 サッシ・目地 塗り替え時期の症状 サッシ・目地

ベランダ

  • ベランダの防水塗料が剥がれている
塗り替え時期の症状 ベランダ
塗り替え時期の症状 ベランダ

玄関

  • 玄関ポーチ段差にズレや隙間がある
  • 黒ずみや、シミがある
塗り替え時期の症状 ベランダ
PAGE
TOP